多動児 特徴 3歳

3歳の多動児に見られる特徴とは?子供の多動症のチェック法まとめ

多動児に見られる特徴

 

3歳の多動児の特徴とはどのようなものが考えられるのでしょうか?

 

最近では多動症などの発達障害と診断される子供が増えてきています。

 

程度によっては周囲に気づかれることなく、学校や社会に出てから人間関係をうまく作ることができないことも。

 

多動児の兆候が見られるのは、大体3歳からと言われていますが、3歳で多動児の疑いがある場合、判断するにはどのような特徴が考えられるのでしょうか?

 

もしかして自分の子供が多動児かもしれない…と悩んでいるご家族の方は確認してみてくださいね。

 

 

3歳の多動児の特徴とは?

 

  • 順番が待てない

 

公園で遊具を使って遊ぶ時に通常あれば3歳にもなれば順番を守ることができるのですが、多動症だと順番を待てずに先にいた子を押しのけてしまうことも。

 

まだ3歳だと単に我慢ができない子だと周りに思われてしまうだけなのですが、実はこの行動も多動症の特徴なのです。

 

3歳になると保育園や幼稚園に通うようになることで、発覚することが多いようです。

 

 

  • じっとすることができない

 

多動児の大きな特徴として「同じ場所にじっとすることができない」「みんなが先生の話を聞いている時に急にどこかへ行ってしまう」などの特徴があります。

 

公園に行くと遊具では遊ばずにずっと走り回っているだけの子も。

 

また、注意散漫でもう3歳になると通常であれば飛び出したら危ないと理解できるのに対し、多動児の子供の場合はそのことを理解することができずに、急に飛び出してしまう特徴があります。

 

 

・おしゃべりをやめることができない

 

みんなが先生の話を静かに聞かないといけない場面にもかかわらず、全く関係ないことをずっとおしゃべりをし続けてしまうのも多動症の特徴です。

 

3歳くらいになると空気を読んである程度静かにしておくことができるのですが、多動児の場合はその判断ができず、静かにしなさいと何度注意されてもそのまま離し続けてしまうのです。

 

 

 

多動児の疑いがあるなら専門医に相談してみましょう

 

 

まだ3歳の段階だと多動症だと確実に診断することは難しく、単にその子の性格によるものかもしれないので、3歳の時点で多動児だと断定することはできません。

 

ただし、もし多動児だった場合、早いうちから治療法や今後どうしていけばいいかを知っておくためにも、多動児の特徴に当てはまるのであれば、一度専門医に相談してみましょう。

 

もし結果的に多動児でなくても、今後多動児の子供に出会った時にどう接すればいいのか理解することができますし、今では多動児を軽減させる方法がいくつかあります。

 

大人になってから多動症だと分かってしまうと、子供が生活を送るのに苦労してしまうので、今のうちから対処しておくことをおすすめします。

 

 

家族はどう接すればいい?

 

3歳で多動児の特徴が見られる場合は、家族はどのように子供と接すればいいのでしょうか?

 

一見、多動児は単にわがままな子だと思われるので、親のしつけがなっていないと思われてお母さんが精神的に辛くなってしまい、悩みを抱え込んでしまいます。

 

自分の子育てが間違っていたのか、なぜ自分の子供だけ他の子と違うのかと自分をどんどん追いつめてしまって塞ぎこんでしまうお母さんも多いです。

 

しかし、もちろんお母さんや家族のせいではなく、多動症障害によって起こるものなので、誰も何も悪くはありません。

 

一人で悩みを抱え込まず、家族みんなで助け合い、専門家の力を借りながら、明るく過ごすことが1番大切です。

 

保育園や幼稚園によっても多動症などの発達障害に理解がある園に入れてあげるなどの方法もありますので、3歳で多動児の特徴に当てはまるなら、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか?